お金持ちになる方法 お金持ち
top >投資(実践編)外貨 FX

サイトマップ

6.ロスカットを理解する

 FXには、ロスカットというものが存在ます。FX業者による強制決済システムのことです。
 評価損が多くなりすぎると発動します。
 そのため、ロスカットされると、元本の90%以上の損失を覚悟しなくてはなりません。

マネー・スキル
1.価値を知る
2.管理する
3.貯蓄
4.投資
5.稼ぐ
6.守る
7.分かち合う
投資(実践編)
インデックスファンド
外貨 FX
守る(節税)
国民健康保険税の節税
初級の節税(会社員)
中級の節税(経営者)
初めての会社設立Q&A
稼ぐ(探究編)
株式投資
不動産投資

(失敗体験)
アフィリエイト
お金持ちへの道
お金持ちになるには
お金持ちになる本
 ロスカットされないために

 お金持ちになるための外貨投資としてFXを選択したのは、長期投資が目的です。金利(スワップポイント)を稼ぎ、リバランスで決済を行いながら年率10%以上で増やしていくためです。

 それには、ロスカットこそが、最も気をつけなければならないポイントなのです。

 数字に弱い人は、このページは面倒な内容になっています。
 運用率が低くなってもいいのであれば、このページは理解できなくてもかまいません。ロスカットされない安全なレバレッジ1〜1.5倍で運用すればいいのです。
 しかし、運用率10%以上は欲しいという人は、理解しておく必要があります。

1.ロスカットとは

 ロスカットのルールはFX業者によって、微妙に違います。
 基本的な考え方としては、有効保有額(おおよそ「資産合計+評価損益」)が一定レベル以下になると、ロスカットになります。

 YJFX「外貨ex」など、多くのFX業者では、2つの基準が存在し、どちらかの基準に達するとロスカットが発動します。

※このページは、YJFXで説明しています。

(1)維持率ロスカット
 維持率が20%を割り込むと、全ポジションが強制決済されます。

 維持率とは、
 維持率=有効保有額÷取引証拠金×100(%)
 (有効保有額=資産合計+評価損益金)
 (取引証拠金は、新規注文の時に必要だった金額の総額) 

(2)NYCロスカット
 (※YJFXの場合)

 1日1回NYC(ニューヨーククローズ)毎に、評価レートを決定し、値洗いが行われます。

 追証チェックが、その日の開始前のメンテナンス時に行われます。

 実預託額が維持証拠金額を下回っていた場合、追証が発生します。
 実預託額とは
  有効証拠金額+出金依頼金額
 ですが、正確な計算方法で説明するのは、複雑になり過ぎてかえって分かりにくくなってしまいます。

 追証が発生するのは、資産合計が維持証拠金を下回った時としておきます。ロスカットの説明にはこれで十分です。
 (正確な情報は各FX業者の公式サイトでご確認を)

 維持証拠金とは、
  評価レート×1万通貨×4%×取引量
  ※取引量は、10万通貨の場合は「10」ということです。
  ※維持証拠金は1000円未満切り上げなど、詳細は公式HPで。
 維持証拠金は、レバレッジコース25倍の場合、全てのポジションの取引証拠金の合計です。
 ですから、「取引証拠金額×取引量」だと考えていいわです。

 「資産合計 < 維持証拠金」が、規定時間までに解消されない場合、ロスカットになります。

 これがNYCロスカットです。

2.ロスカット計算

 通常ロスカットは、
 NYCロスカットの条件で、発動します。
 (1)維持率ロスカットが発動する時は、追証が解消されるまでの間に、相場が大きく動いた場合です。

 そのため、ロスカット計算する時は、NYCロスカットの条件で考えなくてはなりません。

《問題》あなたが、建てようとしているポジションは、レートがいくらまで下がったらロスカットになるでしょうか?

 このレートをロスカットレートと言います。
 ロスカットレートを計算するのが、ロスカット計算です。

 計算式は
 ロスカットレート=
 
ポジション保有レート−{(資産合計−ロスカット条件)÷取引量}

 ロスカット条件とは、有効保有額が、いくらになったらロスカットが執行されるのか、その金額のことです。

 具体例を見てみましょう。

(例)
 豪ドル円、10万通貨、買いポジション。
 資産合計:100万円
 買った時のレート(保有レート):1豪ドル=80円。
 取引保証金(レバレッジコース25倍):3.2万円/1万通貨。

 まず、ロスカット条件を計算しましょう。
 80万円×10万通貨×4%=32万円
 よって、NYCロスカット条件は、32万円です。

 では、ロスカットレートを計算してみましょう。
 80円−{(100万円−32万円)÷10万}
 =80円−(68万円÷10万)
 =80円−6.8万円
 =73.2円

 ロスカットレートは、73.2円です。
 1豪ドル=73.2円になるとロスカットになります。

何故ロスカットレートの把握が大切なのか
 ポジションを建てるためには、次の2つが必要になるからです。
 1.下落レートを想定する
 2.ロスカットレートを把握する
 下落レートを想定し、そこまで下がったとしてもロスカットされないポジションを建てなくてはなりません。
 そのためには、ロスカットレートを把握できなくてはダメなのです。

 また、ロスカットレートを把握しておくことで、万が一の事態に、「追加証拠金の入金」や「ポジションの一部決済」の判断を下すことができます。(そうならないようにやりますがね)

 次の「7.年率10〜20%のポジションの建て方」から、いよいよ実践レベルの話に入ります。

 お金持ちになるための「外貨 FX」活用法

[step1]
  1.外貨投資が必要な理由
  2.外貨投資で運用率が高いのはどれか?
  3.リバランスで3割アップ

[step2]
  4.1日でFXのやり方を覚える
  5.レバレッジを正しく理解する
  6.ロスカットを理解する

[step3]
次⇒7.年率10〜20%のポジションの建て方
  8.リバランス活用法
  9.おすすめFX業者
  10.年率20%ハイリターン投資法
  11.投資のリスク

 リスクの確認・責任の所在

 投資には元本割れするリスクがあります。投資は自己責任で行うものです。

戻る⇒投資(実践編)「外貨 FX
次⇒ 守る「国民健康保険税の節税

不労所得&一生型収入リンクについて

Copyright (C) 2010 お金持ちになる方法, All rights reserved.